• ホーム
  •  > 
  • 停電でRAID6構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

停電でRAID6構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

サーバーは高度な処理能力と耐障害性を備える必要があります。

効率的にデータの読み書きを行い、記憶媒体に蓄積される情報を守らなければサーバーは不便だからです。

処理能力が低ければ多重アクセスによってサーバーの処理は止まります。

使用の際にストレスを感じなくても、記憶媒体が壊れれば処理した結果は消失してしまうのです。

この問題を解決するにはサーバーをRAID6構成にするのが妥当だと言えます。


■RAID6構成は2台までの記憶媒体の故障に耐えられる

搭載されている複数の記憶媒体が同時に壊れる事は稀です。

しかし稀に故障した記憶媒体の交換をしている最中に、2台目の記憶媒体が壊れる事があります。

静電気や衝撃の影響を受ける事で、記憶媒体は簡単に故障してしまうからです。

作業者の不注意が原因と言えますが、人間である以上ヒューマンエラーを避ける事は出来ません。

本当に貴重なデータであれば交換作業のリスクを軽減するための対策を講じるべきです。

対策に効果的なのがRAID6構成になります。

RAID6構成はRAID5構成を発展させて技術で、データ修復に使用されるパリティを2種類生成するやり方です。

1種類のパリティでは1台までの記憶媒体の故障にしか耐えられないので、2種類のパリティを作り出すという発想で完成しました。

欠点はパリティを生成する量が多いため、記憶媒体の容量不足を招き易い事です。


■突然の停電に弱い

2台の記憶媒体の故障に耐えられるRAID6構成は、物理障害に強い仕組みだと評価されています。

しかし落雷による論理障害は苦手としているのです。

複数の記憶媒体へ効率的にデータの書き込みを行うRAID6構成は、データ処理時に内部で複雑な動作が行われているのです。

それが突然の停電によって停止すると、重度の論理障害に発展します。

ログが残されていない状態で複数の記憶媒体を元に戻すのは至難の業です。

市販されているデータ復旧ソフトは大抵の論理障害を解決出来ますが、停電の影響によるRAID6構成は例外だと言われています。


■データ復旧業者に任せるべき

停電による論理障害がRAID6構成で発生したら、データ復旧業者に頼るのは有効です。

配慮の欠けた操作を記憶媒体に行うと、データ復旧の成功確率は低下します。

よって無駄な操作を全くしない技術者が、データ復旧に協力するのが理想的です。

そのためにはRAID6構成のサーバーをデータ復旧業者へ郵送して、無料診断サービスを利用します。

正確な記憶媒体の状態を確かめられるため、今後の対策を講じるための判断材料にも役立つのです。

仮にRAID6構成のリビルドを実行出来る状態なら、データ復旧業者の代行サービスを利用する事も出来ます。

リビルドの代行によって安全にデータ復旧を進められるので安心です。

RAIDのデータ復旧に関しては高度な専門知識を持ち、実績が豊富でノウハウのある業者に依頼することをおすすめします。

デジタルデータリカバリ―は復旧業者の中でも最大手ですが、RAID復旧において多くの有名企業から支持を得ており安心して依頼できる企業と言えるでしょう。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い