• ホーム
  •  > 
  • 停電でRAID5構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

停電でRAID5構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

サーバーにインストールされているアプリケーションは、多くの存在で共有しています。

そのためサーバーに蓄積されるデータの量と質は、通常のパソコンを大きく上回るのです。

サーバーに搭載されている記憶媒体が壊れてしまえば、蓄積してきたデータが消えてしまいます。

それを防ぐのに有効なのがRAID5構成です。

3台以上の記憶媒体を搭載すれば実現するRAID5構成は、1台の記憶媒体が壊れてもデータ復旧する事が出来ます。

1台の記憶媒体にデータを詰め込むよりも、データロストの危険が低下するのは間違いありません。


■RAID5構成のリビルドの手順

RAID5構成のサーバーは、物理障害と論理障害に対応出来ます。

物理障害の場合には故障した記憶媒体を取り出してから、新しい記憶媒体をセットする事前準備が必要です。

新しい記憶媒体を取り付けたら、RAID5構成のコントローラに与えられているリビルドのボタンを押します。

正常な記憶媒体に残されているパリティが機能して、ブランク状態の記憶媒体にデータを書き込むのです。

その工程が滞りなく完了すると、故障した記憶媒体に保存されていたデータが復旧します。


■落雷による論理障害はデータ復旧が難しい

しかしRAID5構成も苦手にしているトラブルがあります。

それは突然の停電によって論理障害が発生するケースです。

軽度の論理障害であれば細かい履歴が残っているため、市販されているデータ復旧ソフトでも改善します。

少なくとも論理障害の原因になった操作の直前まではデータ復旧が可能です。

サーバーが処理をしている途中で停電が発生すると、データの読み書きも中断されます。

落雷による影響はログに残らないので、プログラム通りに動くデータ復旧ソフトでは荷が重いのです。


■データ復旧業者に任せるべき

RAID5構成にしているサーバーは、重要な情報が溜め込まれています。

それが停止すればユーザーが慌ててしまうのは当然です。

しかし不用意に触れる事でデータ復旧の望みが完全に潰えてしまう事があります。

様々な操作を行っている間に、正常な記憶媒体のパリティが壊れてしまうからです。

重要なデータを扱っているRAID5構成のサーバーは、落雷を受けて停止した時点でデータ復旧業者に任せるべきだと言えます。

データ復旧業者のスタッフに担当して貰えば、事態の悪化を防ぐ事は可能です。

データ復旧業者は大小様々ありますが、最大手のデジタルデータリカバリ―はRAID専門のチームで対応してくれ、診断に限れば無料で行っています。

信頼の置けるデータ復旧業者にRAID5構成のサーバーを預けるだけで、現状を把握する事は可能です。

診断が完了したら見積もりが提出されるので、今後を決めるのはそれを見てからでも遅くありません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い