• ホーム
  •  > 
  • 停電でRAID1構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

停電でRAID1構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

2台の記憶媒体を準備する事で実現するRAID1構成は、データの保守性で評価されています。

2台の記憶媒体へデータの書き込みを行うRAID1構成は、1台の記憶媒体が壊れてもデータ復旧が不可能です。

昨今では記憶媒体の保存容量が増加している事もあり、故障トラブルによってデータを失う可能性が高まっています。

それを防ぐのに効果的だからユーザーの人気を得ているのです。


■RAID1構成は落雷に弱い

シンプルな仕組みにも関わらず絶大な効力を持つRAID1構成は、多くのサーバーやパソコンで運用されています。

しかしRAID1構成が苦手とするトラブルも存在するのです。

それは落雷が原因で生じる停電です。

落雷のタイミングは予測不可能なので、記憶媒体への書き込みを行っている最中に停止する事があります。

データの読み書きの途中で動作が停止すれば、記憶媒体に悪影響が生じるのは当然です。

RAID1構成は同時に2台の記憶媒体へデータの書き込みを行います。

それが突然止まれば同時に2台の記憶媒体が論理障害に陥るのです。

RAID1構成の強みであったデータ保守の優位が失われます。

だからRAID1構成は突然の停電を引き起こす落雷に弱いのです。


■落雷による論理障害は復旧が難しい

論理障害はデータ復旧ソフトで直せる可能性があるため軽視されています。

記憶媒体が壊れる物理障害よりもデータ復旧が簡単だと認識されているのです。

その認識は誤りではありませんが落雷による論理障害はその限りではありません。

論理障害は基本ソフトやアプリケーションが処理をミスする事で発生します。

行った作業は履歴として残るため、直前の状態まで戻す事は可能です。

しかし落雷はパソコン上の履歴に残らないため、データ復旧が極めて難しくなるケースがあります。

それが落雷による論理障害の難易度を高めているのです。


■データ復旧業者に依頼する

落雷の影響で論理障害になった記憶媒体は、データ復旧業者に一任するべきだと言えます。

データ復旧のスペシャリストである業者に任せれば、重度の論理障害を解決出来る望みがあるからです。

RAIDの復旧で多くの実績を挙げているデータ復旧業者としては、築地に本社のあるデジタルデータリカバリ―が有名です。

RAID1構成の記憶媒体が論理障害になった場合には1台だけを渡します。

データ復旧したい記憶媒体の数が増えれば、サービスの料金も高くなるからです。

1台の記憶媒体がデータ復旧に成功すれば、RAID1構成の機能を発揮する事が出来ます。

返送されてきた記憶媒体を元の場所に設置して、RAIDコントローラのリビルドを実行するだけです。

論理障害は物理的に壊れていないので、リビルドを行えば正常な状態に戻ります。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い