• ホーム
  •  > 
  • 停電でRAID0構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

停電でRAID0構成のサーバーがデータ復旧不可能になった場合

ユーザーへストレスを与えずにサーバーが処理を行うには、高い処理能力を備えるのが前提です。

アクセスされる回数が限られていれば、単独で動いているサーバーでも問題ありません。

しかしサーバーに大量のアプリケーションをインストールすると、アクセスされる頻度が増します。

アプリケーション毎にユーザーが存在しているからです。

複数のサーバーを導入してアプリケーションを振り分ける事でも処理を軽く出来ます。

しかし高額なサーバーを何台も購入するのは現実的な解決策はありません。


■RAID0構成で処理能力を高める

サーバーの処理能力に不満のあるユーザーは、RAID0構成にして解決しています。

RAID0構成は2台の記憶媒体にデータを書き込むやり方です。

複数の記憶媒体でデータを管理出来るようになるため、単体の記憶媒体で処理するよりも効率的になります。

それがデータの処理速度に良い影響を与えるため、サーバーの処理能力が向上するのです。

データの読み書きはサーバーの処理速度と関係性が深いため、RAID0構成が効果的なのは当然だと言えます。


■突然の停電に弱い

しかしRAID0構成は耐障害性に問題があると指摘されています。

RAID0構成は片方の記憶媒体が壊れるだけで、データ復旧が不可能になってしまうからです。

リビルドが全く考慮されていないため、純粋に処理速度を上げたい時に利用されます。

特に計画停電を行う時は注意です。

特定の設備では年に数回の計画停電が催されます。

適切な手順でサーバーの電源を消灯しておかないと、不具合に発展する恐れがあるのです。

サーバーは端末からアクセスされるケースが多いため、外部からの処理を進めている事もあります。

その時に停電が発生するとサーバーの論理障害に発展するのです。


■RAID0構成の論理障害の対応について

RAID0構成の論理障害が発生すると、個人による解決は難しいと言われています。

よって論理障害によって失われたサーバーのデータが必要な場合には、データ復旧業者に頼るべきです。

RAID0構成のデータ復旧は基本的に不可能になります。

しかしデータ復旧業者の技術であれば1部のデータを改修して、論理障害を解決出来る可能性があるのです。

確実に成功する保証はありませんが、無料相談サービスを実施している業者が存在しています。

その業者へサーバーを郵送して検査を進めれば、今後の対応を決める上での参考になるのは確かです。

セキュリティ面やサイズの関係でサーバーの郵送対応が難しい場合、デジタルデータリカバリ―では専門スタッフによる出張対応も用意されています。

無理に自分で対処しようとせず、一度相談してみることをおすすめします。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い