• ホーム
  •  > 
  • ソフトウェア開発会社のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社はアプリケーションを作成して利益を得ています。

パソコンやスマートフォンを便利に使いたいのであれば、高品質なアプリケーションは必須です。

だから世の中に存在している企業は希望を伝えてアプリケーション開発を依頼します。

大規模なソフトウェア開発会社であれば、複数の制作ラインを擁している事は珍しくありません。

より多くの企業を相手に商売を展開するためには、多数のスタッフを雇用して制作ラインを増やすのが最良です。


■ソフトウェア開発会社のサーバーにはソフトウェア部品が集まる

制作ラインによって開発しているアプリケーションは異なりますが、開発の過程で得たソフトウェア部品は共有すべきだと言えます。

様々なシーンで使用可能なソフトウェア部品であれば、使い回す事によって経費を削減する事が出来るからです。

だからソフトウェア開発会社にとってソフトウェア部品は、資源の一種だと考えられています。

ソフトウェア部品を上手く活用する事で、会社全体の経費を小さくする事も夢ではありません。

ソフトウェア部品の共有を上手く行うには、サーバーに管理するのが効果的だと言われています。

ソフトウェア部品の開発者の端末に保存するよりも、サーバーで管理した方が簡単に取り出せるからです。


■サーバーのバックアップが重要

ソフトウェア部品を開発してサーバーに放り込むと、アプリケーションの開発は捗るようになります。

しかし開発に勤しむ余りバックアップが疎かになっては元も子もありません。

サーバーの記憶媒体は常に故障リスクを抱えています。

経年劣化によって記憶媒体が故障した時に頼れるのは、取得しておいたバックアップデータです。

それが存在していないと新しい記憶媒体へ交換してからのデータ復旧が不可能になります。

サーバーのバックアップが取得されていないと、ソフトウェア部品の開発者が再びアップロードする事が必要です。


問題はサーバーへのアップロードが完了した時点で、端末からソフトウェア部品を消去してしまっている場合です。

再び同じものを開発しない限り、便利なソフトウェア部品のデータ復旧は不可能になります。


■サーバーのデータ復旧に関して

バックアップデータの取得が正常に行われていれば、新しい記憶媒体へ交換してからのデータ復旧を問題なく進められます。

バックアップソフトのリストア機能を用いて、新しい記憶媒体へバックアップデータを適用するのです。

バックアップの定期的な取得さえ行われていれば、壊れた記憶媒体に保存されていた全てのソフトウェア部品を取り戻せます。

バックアップによるデータ復旧が成功する事は、ソフトウェア開発会社にとってプラスなのは確かです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い