• ホーム
  •  > 
  • 論理障害になったソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

論理障害になったソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のスタッフは、頻繁にサーバーへのアクセスを実行しています。

社内で共有しているソフトウェア部品を使って、アプリケーションの開発スピードを上げるためです。

しかしサーバーのアクセスが増えれば、必然的に多重アクセスの発生確率が上昇します。

多重アクセスが繰り返されても処理出来るのはサーバーの強みですが、論理障害が起き易くなるのは避けられないのです。

だからソフトウェア開発会社のサーバーを扱う時には、論理障害に注意する事が肝要だと言われています。


■データ復旧ソフトが役立つ

論理障害に陥ったサーバーは必ず原因があります。

サーバーの処理中のミスだけで起こった論理障害であれば、必ず痕跡が残っているので解決は難しくありません。

市販されているデータ復旧ソフトでも論理障害を解消出来る可能性が高いからです。

原因となるログを発見してから処理が実行される直前の状態に戻すのが、データ復旧ソフトに搭載されている機能になります。

サーバーの処理が行われる時は必ず記録されるので、データ復旧ソフトの効力が届くのです。


■データ復旧ソフトの対応が難しい障害

データ復旧ソフトが機能しない論理障害も存在しています。

痕跡を辿る事によって解決を図るのがデータ復旧ソフトですが、ログが残されていなければ対処のしようがありません。

例えば外的なショックを受けて磁気ヘッドやプラッタの動作が誤ると論理障害が発生します。

パソコンのシステムは外的ショックを検知してログに記録する機能を持ちません。

だから外的ショックが関係している論理障害は、データ復旧ソフトが無効なのです。


サーバー内の記憶媒体がデータ復旧ソフトの対象外な事もあります。

最近になってようやく普及が進み始めたSSDは、ハードディスクと全く異なる仕組みです。

そのせいでデータ復旧ソフトの種類によっては上手く使えない事があります。

データ復旧ソフトは便利ですが、決して万能なツールではないという事です。


■困ったらデータ復旧業者に頼る

データ復旧ソフトの効力が通用しなくても、ソフトウェア開発会社のサーバーは元に戻さなければなりません。

サーバーの論理障害の回復に失敗すれば、結果的に重大な損失を抱える事になります。

しかし個人の力が重度の論理障害に対抗しきれないのも事実です。

実は論理障害に関わらず記憶媒体に関するトラブルが発生した時に、頼れるサービスが存在しています。

それは記憶媒体の研究成果をサービスに反映しているデータ復旧業者です。


記憶媒体に詳しいデータ復旧業者のサービスは、重度の論理障害さえも解決した経験を有しています。

相談を無料で請け負っている業者も存在しているので、ソフトウェア部品のデータ復旧を望む時は頼るべきです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い