• ホーム
  •  > 
  • ソフトウェア開発会社のRAID6構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のRAID6構成のサーバーをデータ復旧する

サーバーの記憶媒体が壊れた時に備えて、RAID5構成を採用するケースは珍しくなくなりました。

RAID5構成は3台の記憶媒体の準備が必要ですが、耐障害性に関しては信頼されているからです。

しかし世の中のサーバーには失う事が許されないデータも存在しています。

RAID5構成は2台の記憶媒体が壊れた時には無力な技術です。

それが貴重なデータを管理しているサーバーで発生すれば、管理者は大ダメージを受ける事になります。


だから最近ではRAID5構成の技術を応用したRAID6構成の人気が高まっているのです。

RAID6構成は2台の記憶媒体が壊れても、データ復旧を果たす事が出来ます。

そのため貴重なデータを保有している存在はRAID6構成を重宝しているのです。


■RAID6構成のサーバーが受け入れられている環境

RAID6構成のサーバーを愛用している事で有名なのはソフトウェア開発会社です。

ソフトウェア開発会社はアプリケーションを開発して、販売する事によって利益を得ています。

ソフトウェア開発会社がサーバーで管理するのは転用し易いプログラムです。

一度開発したプログラムを転用すれば、今後のアプリケーション開発の負担を軽減する事が可能になります。

そしてプログラムは文字列の集合なので、容量が大きくなる事はありません。


RAID6構成は2種類のパリティを生成するため、記憶媒体の保存可能領域が少ないという欠点があります。

しかしソフトウェア開発会社の扱うデータは容量が小さいので、サーバーの記憶媒体の容量が少なくなる事は大きな問題ではありません。

それもソフトウェア開発会社でRAID6構成が受け入れられている理由だと言われています。

逆に保存可能領域の少なさがネックになる環境では、RAID6構成の運用が適しているとは限りません。


■RAID6構成のデータ復旧

RAID6構成のサーバーが停止すると、運用しているソフトウェア開発会社はソフトウェア部品へのアクセスが行えなくなります。

だからメーカーへ連絡して郵送手配を整える事が大切です。

初動対応を間違いなく行えれば、データ復旧作業に取り掛かれるタイミングも早まります。

メーカーは故障部品の交換を請け負っていますが、データ復旧に関しては責任を負いません。

そのためRAID6構成のサーバーのデータ復旧は、返送されてからユーザーの手で遂行する必要があります。

RAIDコントローラのマニュアルさえ読んでおけば、データ復旧で失敗する心配はありません。

しかし熟練の技術者の中にはRAID6構成のリビルドを軽視して、RAIDコントローラの扱いを誤るケースがあります。

データ復旧に失敗してしまう事を避けたいのであれば、マニュアルの読破は達成すべきです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い