• ホーム
  •  > 
  • ソフトウェア開発会社のRAID5構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のRAID5構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア部品を上手く管理する事が、ソフトウェア開発会社の運営では必要です。

様々な場面で利用可能なプログラムは、転用する事で入力の手間を省きます。

それがソフトウェア開発会社の仕事のスピードを早めるため、結果的に人件費にも影響するのです。


逆に開発したソフトウェア部品が全く保存されていないと、全てのプログラムを入力しなければならないので、大変な手間を要する事になります。

開発に必要な経費が高騰すれば、顧客に提案する金額が魅力的な数値になる事はあり得ません。

だから情報管理に役立つサーバーは、ソフトウェア開発会社において重要な役割を担っているのです。


■記憶媒体のデータ復旧に効果的なRAID5構成

サーバーの記憶媒体にデータを保存すると、ソフトウェア開発会社のスタッフは好きなタイミングで取り出せるようになります。

開発中のアプリケーションに転用が利くソフトウェア部品を探し回る必要もありません。

しかしサーバーが壊れてしまうと、スムーズだった仕事の流れが止まります。

サーバーに保存されているソフトウェア部品へのアクセスが不可能になるからです。

記憶媒体が故障していると更に事態は大きくなります。

新しい記憶媒体に交換するとデータが全て消えてしまうので、蓄積してきたソフトウェア部品もなくなってしまうのです。


ソフトウェア開発会社の作業効率の低下は避けられません。

だからソフトウェア開発会社のサーバーはRAID5構成が主流なのです。

RAID5構成のサーバーは1台の記憶媒体が壊れても、故障時の状態にデータ復旧する事が出来ます。

サーバーの記憶媒体の故障対策に極めて効果的です。


■RAID5構成のデータ復旧の流れ

記憶媒体が壊れたサーバーは、メーカーによる修理対応が必要になります。

保守契約が存在しているせいで、ユーザーの判断による部品交換が不可能だからです。

記憶媒体の障害対応の肝は、修理対応が完了した機器のデータ復旧作業になります。

注意しなければならないのは主導する役目を担うRAIDコントローラの扱い方は、製品によって違いが生じるという事です。

RAID5構成のデータ復旧の経験を持つスタッフを擁していても、ソフトウェア開発会社はマニュアルの確認を怠るべきではありません。

しかしRAIDコントローラの正しい扱い方を理解していれば、ソフトウェア開発会社のサーバーのデータ復旧は問題なく行えます。


■2台目の記憶媒体が壊れた場合

稀にRAID5構成の記憶媒体が2台同時に壊れる事があります。

RAID5構成は1台の記憶媒体にしか対応出来ません。

絶対にソフトウェア開発会社のデータを取り戻したいのであれば、データ復旧業者のサービスを用いる手段が有効になります。

データ復旧業者は物理障害の対応力が最も優れているからです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い