• ホーム
  •  > 
  • ソフトウェア開発会社のRAID10構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のRAID10構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のサーバーは、業務の根幹を支えています。

アプリケーション開発に役立つソフトウェア部品が、サーバーの記憶媒体の中に保存されているからです。

アプリケーション開発は既に作成済みのプログラムを流用して経費削減に努めています。

売上から経費を差し引いた値が利益なので、ソフトウェア開発会社の運営を継続するには重要だからです。

だからサーバーの故障対応を誤ると、ソフトウェア開発会社は痛手を被ります。

特に記憶媒体が故障した時は注意が必要です。

記憶媒体に保存されているデータが消えてしまえば、今後は溜め込んだソフトウェア部品を流用する事が不可能になります。


■ソフトウェア開発会社の人気を得ているRAID10構成のサーバー

ソフトウェア開発会社はコンピュータに強いので、サーバーの記憶媒体にリスクが集中している事は理解しています。

だから高額な費用で取引されているRAID10構成を採用するケースが多いのです。

RAID10構成のサーバーを実装すると、処理能力とデータ保守に関しする問題は解消されます。

RAID10構成はRAID0構成とRAID1構成の特性を併せ持っているからです。

データ保守を求めるだけであればRAID1構成でも十分ですが、速度が遅くなるという欠点を有しています。

それは多数の人間がサーバーにアクセスするソフトウェア開発会社では無視出来ないデメリットです。


■RAID10構成のデータ復旧

RAID10構成のサーバーの記憶媒体が壊れたら、メーカーへ移送しなければなりません。

メーカーによる部品交換が行われない限り、RAID10構成のリビルドを実行出来ないためです。

メーカーとソフトウェア開発会社は、サーバーを購入した時に保守契約を結んでいます。

ソフトウェア開発会社が記憶媒体の交換を行ってしまうと、今後の対応が拒否されてしまうリスクを抱える事になるのです。

今後もサーバーを修理して使い続けるのであれば、保守契約を軽視した行動を取るべきではありません。


修理が完了したサーバーが戻ってきたらリビルドの準備を進めます。

RAIDコントローラによってリビルドの手順が異なる点は注意すべきです。

RAID10構成のデータ復旧の経験を持つ技術者が、マニュアルを読まないで失敗するトラブルは多発しています。

ソフトウェア開発会社のソフトウェア部品を失いたくないのであれば、相応の準備を整えてからサーバーのデータ復旧を実行すべきです。


■データ復旧業者の代行サービスを用いる

RAID10構成は数あるRAID構成の中でも、難しい部類に属しています。

だからソフトウェア開発会社の中にはリビルドをデータ復旧業者に依頼する事もあるのです。

データ復旧業者は日常的にRAID10構成のリビルドに携わっています。

リビルドの成功確率を少しでも高めたい時にはデータ復旧業者が頼れるのは間違いありません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い