• ホーム
  •  > 
  • ソフトウェア開発会社のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のサーバーは、常にスタッフがアクセスしていると言われています。

サーバーに保存されているソフトウェア部品を使った方が、アプリケーション開発は捗るからです。

既存の技術を転用出来る場面で、手動入力にこだわる必要はありません。

だからソフトウェア開発会社のスタッフは、サーバーへ頻繁にアクセスして使えそうなソフトウェア部品を探索しているのです。

それがスタッフの仕事の負担を軽減する事は確かですが、同時にサーバーの負荷が大きくなっています。

サーバーの負荷が大きくなれば業務効率にも影響するので注意が必要です。


■RAID0構成は処理能力アップに効果的

将来的に多数のスタッフが在籍する予定のソフトウェア開発会社は、サーバーをRAID0構成にする事が多いというデータがあります。

最初からサーバーの処理能力を上げておいた方が余計な手間を省けるからです。

幸いな事にRAID0構成は2台の記憶媒体とRAIDコントローラの準備で実現します。

多大な投資を必要としないRAID0構成は、気軽に導入する事が可能な技術なのです。

予算が限られている立ち上げたばかりのソフトウェア開発会社も導入する事が多いのは当然だと言えます。


■RAID0構成のデータ復旧は業者に任せる

RAID0構成のサーバーが壊れたら、データ復旧業者に任せるべきです。

RAID0構成のサーバー内の記憶媒体が壊れる時は片方だけです。

そのせいで代わりの記憶媒体へバックアップのリストアを実行しても、正常な記憶媒体との整合性が取れなくなります。

結果的に記憶媒体を新しい製品に取り替えても、原状回復が果たされる事はないのです。

そのせいで通常の手段のバックアップは不可能ですが、データ復旧業者の助力を得られれば話は違います。


データ復旧業者は故障した記憶媒体を一時的に復活させて、取り出したデータを新しい記憶媒体へ移すサービスを提供しているからです。

正常な記憶媒体のデータは故障時に停止した状態なので、故障した記憶媒体のデータさえ取り戻せればデータ復旧を果たせます。


■リビルドの代行をデータ復旧業者に任せる

前述したデータ復旧業者の力を借りたRAID0構成のリビルドは、正規の手順を踏んでいるわけではありません。

そのためデータ保守が考慮されたRAID構成と比べると、成功確率が低いと言われています。

ソフトウェア開発会社のサーバーのデータは、企業にとって高い資産価値を持つので失敗が許されません。

だから物理障害の解消と同時にリビルドの代行をデータ復旧業者に依頼するのが賢明だと言えます。


少なくとも個人が対応するよりは、RAID0構成のリビルドを成功に導ける確率が高まるのは確かです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い