• ホーム
  •  > 
  • ホットスタンバイ方式のソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

ホットスタンバイ方式のソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

サーバーが停止すると損害を受ける環境下では、予備機を用いるのが通例になっています。

予備のサーバーに本番機の代行をさせれば、メーカーによる修理交換が長引いても問題がないからです。

例えばソフトウェア開発会社はアプリケーション開発に用いるプログラムを、社内全体で共有しています。

流用可能な部品を共有しておけば、社内全体の開発効率が向上して経費削減に繋がるからです。

経費が減れば売上が小さくても十分な利益を得られるようになります。

結果的にソフトウェア開発会社は安価なサービスを提案出来るようになるのです。


サーバー内のソフトウェア部品は会社を支えているのは確かだと言えます。

だからソフトウェア開発会社では予備のサーバーの電源を常時入れておくホットスタンバイ方式が人気です。


■ホットスタンバイ方式のデータ復旧

ホットスタンバイ方式を採用すると、本番機の故障と同時に予備機がシステムの維持を担当します。

しかし直ぐに運用可能な状態に出来るとは限りません。

ホットスタンバイ方式の予備機は、最低限の設定だけを行って待機させている事もあります。

本番機に保存されていたデータが存在しなければ、完璧な代行を務められるわけがありません。

だから本番機から取得しておいたバックアップを、予備機へリストアする事が重要になります。

本番機のバックアップを予備機へコピーしてからリストアを実行すれば、予備機のデータ復旧作業は完了です。

予備機が本番機と同じ情報を保存している状態になれば、ソフトウェア開発会社はいつもと同じ感覚で業務に活用出来ます。


■データ復旧作業の時間を短縮する

ホットスタンバイ方式ではデータ復旧作業の時間を短縮する方法があります。

それは週初めにバックアップデータのリストアを予備機に対して済ませておく事が第一です。

そしてサーバーの故障が発生したら差分バックアップのリストアを実施します。

バックアップデータの容量が大きいと、リストアに必要な時間が伸びてしまうのでデータ復旧が遅れます。

ですが週初めに基準となるバックアップデータをリストアしておけば、緊急時に差分バックアップを加えるだけでデータ復旧が果たせるのです。

差分バックアップを活かせば予備機が代行するまでの時間を大幅に短縮出来ます。


■本番機の故障対応は早めに済ませる

ホットスタンバイ方式は本番機の故障対応が遅れる問題を解消するために存在しています。

そのためユーザーの中には本番機の修理対応を後回しにしようとする人種が存在しているのです。

ですが本番機が壊れている間に予備機まで停止すれば、迅速な対応が不可能になってしまいます。

それを防ぐためには本番機の修理対応に手を抜くべきではありません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い