• ホーム
  •  > 
  • デュプレックス構成になっているソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

デュプレックス構成になっているソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のサーバーは、スタッフが開発したソフトウェア部品を保存するために使用されています。

転用し易いソフトウェア部品をサーバーに保存しておけば、アプリケーション開発で活かす事が出来るからです。

完成度の高いソフトウェア部品は、開発ペースを向上させるだけでなくバグが発生し難い事も利点だと言えます。

何度も利用されているソフトウェア部品は、バグが顕在化した時に潰されるからです。

結果的に利便性の面で評価されているソフトウェア部品のバグは少なくなります。

いずれにしてもソフトウェア部品を格納しているサーバーにアクセス出来なくなれば、開発の効率が大きく落ちる事は間違いありません。


■デュプレックス構成が人気を獲得している

サーバーが壊れると修理期間が長期化してしまうのは、故障品をメーカーへ送る必要があるからです。

サーバーに対する知識を持つ人材がソフトウェア開発会社に所属していれば、原因を判明させる事は難しくありません。

しかしメーカーに所属していない人間がサーバーに手を加える事は許されていないので、サーバーは必ず郵送手配を整える事になります。

返送されるまでの待機期間も考慮すれば長期化が避けられないのは必至です。

だからサーバーの存在が業務に大きく関わっているソフトウェア開発会社は、予備のサーバーを所有するようになりました。


故障したサーバーの代わりを務められる予備機を所有していれば、メーカーの修理対応中もサーバーを運用出来るからです。

予備機を運用するスタイルは複数存在していますが、ソフトウェア開発会社は予備機にパッチ処理を担当させるデュプレックス構成を愛用しています。


■予備機にはデータ復旧が必要

デュプレックス構成の予備機は本番機とデータの同期を取る事で、直ぐにサーバーとしての仕事を担当させられます。

しかし同期の取得を定期的に行うと、本番機と予備機の記憶媒体の負荷が大きくなるので採用されない事が多いのです。

その場合には本番機から取得したバックアップを予備機へリストアする事になります。

リストア機能を使ったデータ復旧作業は、バックアップデータの取得が定期的に行われていれば、最も一般的であり効果的な手段です。


■バックアップの取得を効率化する

ソフトウェア開発会社のサーバーは頻繁に書き込みが発生するので、バックアップを最新の状態に保つのは難しいと言えます。

しかしそれはバックアップ作業を手動で進めているからです。

バックアップソフトには決められた日時に自動取得する機能が搭載されています。

それを用いればデュプレックス構成の故障に備えるのに効果的です。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い