• ホーム
  •  > 
  • コールドスタンバイ方式のソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

コールドスタンバイ方式のソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

ソフトウェア開発会社のサーバーは、ソフトウェア部品を大量に保存しています。

過去の仕事で制作されたプログラムは転用が利くものが多いため、サーバーは経費削減に役立てられているのです。

しかしサーバーが壊れてしまうと、アプリケーション制作に必要な人員や日数が増えてしまいます。

人員を雇って働かせるためにはお金が必要なので、経費が肥大化してしまうのです。

ソフトウェア開発会社にとってサーバーを安定して利用出来る事は重要だと言えます。


■コールドスタンバイ方式は復旧速度が早い

故障したサーバーはメーカーへ郵送しなければなりません。

保守契約が締結されているのでユーザー側が対処出来る故障でも、メーカーが対応する事が義務付けられています。

ユーザーが手を加えてメンテナンスが不可能になるトラブルを防ぐためです。

しかしそのせいでサーバーが壊れてから復旧されるまでの期間は長くなっています。

どれだけ急いでも配送業者の都合に振り回されるので、サーバーの修理交換が完了するまでに数日を要するのです。

だからソフトウェア開発会社は予備のサーバーを所有するようになりました。

故障したサーバーを送っている間に、予備機を用いれば業務に支障を来たす事はないからです。


電源を落としてサーバーの予備機を待機させる手法をコールドスタンバイ方式と呼びます。

コールドスタンバイ方式はサーバーの復旧速度に定評のあるやり方です。


■予備機のデータ復旧について

予備機のサーバーは電源を入れずに待機させています。

よって故障したサーバーとはデータが大きく異なっている状態です。

肝心のソフトウェア部品が存在していないのであれば、予備機を準備する意味がありません。

その問題を解消するには予備機に本番機の代行を任せる前に、バックアップデータのリストアを実施すべきです。

本番機から定期的に取得しておいたバックアップをリストアすれば、予備のサーバーにはソフトウェア部品が充実している状態になります。

その後で予備機を本番機の代わりに設置すれば、アプリケーションの開発効率は通常時に戻ります。


■本番機のバックアップの取得が重要

ソフトウェア開発会社においてソフトウェア部品の開発は頻繁に行われています。

その度にサーバーへ新しいデータの保存が行われるので、バックアップを定期的に取得するのが重要です。

古いバックアップをリストアしても、最新のソフトウェア部品が存在していない状態になります。

それを防ぐにはバックアップの保存が疎かにならないように、自動で取得する機能を用いるべきです。

保存先の記憶媒体の容量にさえ気をつければ、最新のバックアップは自動的に入手出来ます。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い