• ホーム
  •  > 
  • 物理障害になったソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

物理障害になったソフトウェア開発会社サーバーをデータ復旧する

アプリケーション開発の肝になるのは、ソフトウェア部品の存在です。

アプリケーション開発時に全てのプログラムを手動入力すると、膨大な時間が消費される事になります。

それは関わるスタッフや作業日数に大きく影響するので、提案する顧客には高額な費用を求める事になってしまうのです。

サービスの質がどれだけ優れていても、価格面で不満を感じさせてしまえば提案に失敗してしまいます。

だから経費削減に貢献するソフトウェア部品は、ソフトウェア開発にとって価値あるものです。


ソフトウェア部品は開発を繰り返す事によって蓄積されます。

そして社内用のサーバーに保管する事で、アプリケーション開発に従事しているスタッフが自由に活用出来る仕組みです。

サーバーが壊れた時にはソフトウェア部品の出し入れが行えないので、開発効率が下がってしまいます。

サーバーの故障対応を考えるのは非常に重要です。


■記憶媒体の故障に備える

サーバーの部品の中でも特に重要なのは記憶媒体です。

サーバーに格納されているデータは、記憶媒体の交換が行われると消えてしまいます。

例えば記憶媒体が原因でサーバーに障害が発生した時には、部品の修理交換で対処されるため、結果的にデータが消えてしまうのです。

だから記憶媒体が原因のサーバー故障は、他の部品のトラブルよりも大変だと言えます。

その負担を軽減する事がソフトウェア開発会社に良い影響を与えるのは間違いありません。


■データ復旧の方法

サーバーの記憶媒体が壊れた時には、最初にメーカーへの郵送を済ませるのが大切です。

記憶媒体の修理交換を担当するのはメーカーになります。

勝手にソフトウェア開発会社側の担当者が部品交換を行うと、再び故障が発生した時にメーカーは対処を拒否する事もあるのです。

だからサーバーの物理的な故障は、メーカーに一任しなければなりません。


メーカーの修理対応が完了したサーバーは、所有者であるソフトウェア開発会社の住所に返送されます。

記憶媒体の中身に関してはメーカーの担当ではありません。

よって返送されたサーバーの記憶媒体にバックアップをリストアする作業は、ソフトウェア開発会社の担当者が進める事になります。

必要なのはバックアップデータとリストア機能を有するソフトウェアです。


特に大切なのはバックアップデータの定期的な取得を忘れない事です。

ソフトウェア開発会社のサーバーは頻繁にデータ更新が行われています。

そのため少しでもバックアップデータが古いと、欲しているソフトウェア部品のデータ復旧が行えない事もあるのです。

データ復旧の作業は難しくありませんが、バックアップを継続しなければ完璧な状態の記憶媒体を望めません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い