• ホーム
  •  > 
  • サーバーでパーティションのデータ復旧を行う

サーバーでパーティションのデータ復旧を行う

サーバーは高価格で販売されているため、複数の応用ソフトをインストールしています。

利用者が所有している端末からサーバーへアクセスして応用ソフトを使用するのです。

しかし応用ソフト同士の相性が悪いと、不具合が発生してしまう事があります。

それを避けるためには応用ソフト同士が干渉し合わない仕組みが必要です。

複数の記憶媒体をサーバーに搭載して、それぞれに応用ソフトをインストールするというやり方もあります。

しかし初期投資額と維持費の高騰が前提です。


■擬似的にドライブを生成するパーティションの技術

前述した記憶媒体を増やすやり方は物理的な手法と言えます。

それに対してパーティションと呼ばれる技術が存在するのです。

パーティションを用いると単一の記憶媒体に複数のドライブを生成出来ます。

つまり複数の記憶媒体を新たに購入する必要はないのです。


■パーティションの物理障害の対応について

しかしパーティションは擬似的にドライブを作成しているに過ぎません。

接続されている記憶媒体が物理的に壊れてしまえば、擬似的なドライブは全て動作が不可能になるのです。

複数のドライブにリスクが分散している様に見えて、物理障害に弱いという欠点は実のところ解消出来ていません。

物理障害に対応するためには、バックアップを定期的に取得するという原始的な手段が効果的です。

バックアップデータをサーバー外の記憶媒体へ保存しておけば、メーカーの修理交換が完了してからデータ復旧出来ます。

データロストによって生じる甚大な被害を最小限に抑えられるのです。


■パーティションの論理障害の対応について

サーバーはデータの処理を行っている途中で論理障害に陥る事もあります。

並列的なアクセスを処理していると、データの読み書きに失敗するリスクは高まるからです。

それは複数の同時アクセス処理に向いているサーバーも例外ではありません。

しかしパーティションを採用していると被害範囲を狭くする事が出来ます。

データの読み書きに失敗した応用ソフトがインストールされているドライブで、論理障害を食い止める事が出来るからです。

特定の応用ソフトで論理障害が発生した場合には、対象の擬似的なドライブをバックアップする事が大切になります。

それを行うのはバックアップソフトです。

定期的に自動バックアップする設定になっていれば、外付けハードディスクにバックアップが蓄積するという仕組みも作れます。

サーバーの前で作業をするケースが少なくても、バックアップが疎かになり難いので安心です。

しかし擬似的なドライブの数だけバックアップが生成されるため、リストア時に適用するバックアップデータを誤るリスクがあります。

データ復旧を行う場合にはその点を注意すべきです。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い