• ホーム
  •  > 
  • nasに保存したバックアップで業務用サーバーのデータ復旧を行う

nasに保存したバックアップで業務用サーバーのデータ復旧を行う

業務用サーバーに蓄積されているデータは、定期的にバックアップを取得する事が推奨されています。

業務用サーバーが壊れてしまっても、バックアップデータさえ残っていればデータ復旧が可能だからです。

RAID構成を用いる方法もありますが、経費が肥大化するという問題が残ります。

潤沢な資金を持つ大企業であっても、全ての業務用サーバーをRAID構成にしているわけではありません。

バックアップソフトの自動機能に依存している業務用サーバーも存在します。


■バックアップソフトは接続されている記憶媒体が必要

バックアップソフトはサーバーのデータを保存する時に役立ちます。

ただしバックアップソフトは保存対象の記憶媒体をデータの保存先に指定する事が不可能です。

データの読み取りと書き込みを同時に行う事で、記憶媒体の負荷が大きくなるという理由もあります。

しかしそれ以上にデータを守るためには必要な措置と考えられているという事です。

データのバックアップを行う理由は人それぞれですが、記憶媒体の故障への備えが最も多いと言われています。

保存したいデータが詰まっている記憶媒体のバックアップを、保存先に指定すると故障時に失われてしまうため意味がありません。

だから別の記憶媒体の準備を促すための機能が備わっています。


■業務用サーバーのバックアップの保存先にnasが選ばれる理由

最近では業務用サーバーのバックアップを保存する時、nasを使用する事例が増えています。

nasは従来のUSB接続のハードディスクとは違い、ネットワーク経由で接続する記憶媒体です。

USB接続のハードディスクは安価で販売されていますが、基本的に接続先の端末からしかアクセス出来ません。

よって複数の業務用サーバーを同時に使用する時、台数分の外付けハードディスクの準備を求められるのです。

ネットワーク環境が整っていれば1台で十分なnasが選ばれるのは当然だと言えます。


■業務用サーバーのデータ復旧手順

業務用サーバーの記憶媒体が壊れると、nasに保存されているバックアップが役立ちます。

メーカーで記憶媒体の修理交換が完了したら、最初に行うのはバックアップを取得したソフトのインストールです。

バックアップソフトはリストア機能も含まれているため、データ復旧時には必ず使用する事になります。

nasのセキュリティ機能によって指定の機器以外からのアクセスをブロックしている場合には、nasへの接続テストを行う事も大切です。

修理交換のせいでセキュリティ機能が働いてしまう事もあります。

その確認が完了したらnasのバックアップデータをリストアして、業務用サーバーのデータ復旧は完了です。

ただし故障時とバックアップ時のデータで差があるなら、ログを参考にして手動入力しなければなりません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い