• ホーム
  •  > 
  • パソコンが起動しない原因と対処法

よくあるトラブルです

パソコンに電源は入るものの画面になにも表示されない、OSも起動しないという症状はパソコンのトラブルで少なくなりません。
そのような障害が起きた時の考えられる原因と対処法についてお伝えします。


■パソコンパーツを正しく差し直す

なんらかの拍子にメモリーなどのパーツがマザーモードから外れてしまい、このような症状が起きることがあります。
その場合、各パーツをいったんマザーボードから取り外し、正しく差し直すことで改善されることがあります。
スロットに空きがあるときは場所を変えて試してみるのもよいでしょう。
これらを試しても改善されない場合はパーツの故障の可能性があります。 BIOSが正常であればBIOS画面を開き、各デバイスに異常が出ていないかどうかを確認してください。


■電源ユニットのトラブル

各パーツに異常が見られない場合、電源ユニットの不具合の疑いがあります。
電源ユニットの不具合は、パソコン使用中に突然電源が落ちるなどのトラブルにもつながります。異常なシャットダウンはHDDに負荷をかけてしまし故障の原因ともなりますので、新しいものに交換するなどの早急な対応が必要です。


■メーカー修理はデータを失うことを覚悟する

自分での修理が難しい場合、メーカーに修理を依頼することになります。
しかし、メーカー修理の場合はほとんどのケースで保存されたデータは戻ってきません。
そのため、事前にバックアップを必ずとっておきましょう。
ただし、電源が入らないためバックアップすらとることが出来ないということも考えられます。そんな時に試してほしい方法を以下に記載します。

・セーフモードでの起動をためす
セーフモードとは必要最低限の方法でパソコンを起動させるモードです。
セーフモードで起動が出来るようであれば、保存されているデータを外付けHDD等に移すことができます。


・HDDを取り外して外付けHDDにする
パソコンを分解して内臓HDDを取り出し、電気屋で購入できるUSB変換ケーブルを使い外付けHDDのようにする方法があります。ただし正常に動作する別のパソコンが必要となります。
取り出したHDDを外付けHDDのようにしてパソコンに繋ぎ、データを移して下さい。


・データ復旧業者に依頼する
デジタルデータリカバリーをはじめとしたデータ復旧業者は、電源の入らないパソコンからでもデータを取り出すことが出来ます。
取り出したデータは別の外付けHDDなどに移した状態で納品してくれるので、修理が完了したパソコンのそのデータを移せばデータを失うことがありません。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い