• ホーム
  •  > 
  • デュプレックス方式の業務用サーバーのデータ復旧

デュプレックス方式の業務用サーバーのデータ復旧

多くの企業は1台の業務用サーバーに多数の業務用ソフトをインストールしています。

現代の業務用サーバーはスペックが高いため、処理能力に関しては大きな問題が発生しません。

しかし業務用サーバーにトラブルが発生した時、業務用ソフトが利用不可能になるという弱点があります。

それに加えて業務用サーバーのトラブルの原因は、記憶媒体の故障が多いため溜め込んだデータも失われるリスクがあるのです。

短期的な解決とデータの保守を同時に成功させたいのであれば、デュプレックス方式を採用すべきだと言えます。


■業務用サーバーのデュプレックス方式について

デュプレックス方式とはコンピュータの運用形態の一種の事です。

本番機と予備機を効率的に運用する事で、コンピュータを無駄なく使用出来ます。

業務用サーバーでデュプレックス方式を用いる場合には、本番機で業務用ソフトを動かして予備機でパッチ処理の様な軽い処理をさせるのが妥当です。

そして本番機にトラブルが発生した時は、予備機に業務用ソフトを通じて入力したデータをリストアします。

本番機の業務用サーバーの修理が完了したら、予備機のバックアップを使ってデータ復旧を行うのです。

サーバーをメーカーの修理サービスに任せている間も、予備機を動かせるので業務用ソフトを停止させる必要はありません。


■バックアップデータの取得が最低条件

デュプレックス方式の欠点は常にデータの同期が行われていない事です。

本番機のバックアップデータを予備機へリストアする事が不可欠になります。

バックアップデータが余りに古いとデータ復旧の目的を果たせない事態もあり得るのです。

それを避けるためには業務ソフトの運用ルールで、データバックアップを組み込む事が必要になります。

業務ソフトを動かした後でバックアップを取得するルールが定められていれば、バックアップデータが古くてデータ復旧が行えないというトラブルはあり得ません。


■予備機が壊れた場合も対応が必要

業務用サーバーでデュプレックス方式が求められているのは、業務用ソフトの停止時間を短くするためです。

そのため予備機のチェックを怠るユーザーも存在します。

デュプレックス方式が効果を発揮するのは、本番機が壊れた時に代わりとなる予備機が正常に動作するからです。

よって予備機の動作チェックを行うのも、デュプレックス方式を維持するためには必要な作業だと言えます。

予備機のチェックを効率的に実行したいなら、本番機のバックアップデータを予備機へ移すのが一番です。

予備機と本番機が同時に壊れてしまうケースは稀なので、本番機とデータ復旧に必要なバックアップが失われるリスクを下げる事にも繋がります。


デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い