• ホーム
  •  > 
  • パソコンモニターになにも表示されない時の対処法

パソコン画面が映らない・電源が入らない

ある日突然、パソコンの電源を入れたらモニターになにも表示されなくなった、というご経験をされた方はいると思います。
原因は様々なことが考えられますが、パソコン初心者でも簡単に出来る対処法についてまとめましたので参考にして下さい。

(※デジタルデータリカバリ―さんの情報を参照)



■ケーブル類が正しく接続されているか確認する

意外と多いのがこのケースです。電源ケーブルが抜けていたり、モニターのケーブルが抜けていたため電源が入らない、モニターになにも写らないという状態です。
一度すべてのケーブル類が正しく接続されているかを確認してみましょう。
また、デスクトップパソコンの場合、モニターには電源ボタンがついています。なにかの拍子に電源ボタンをオフにしてしまっていることもありますので、電源がオンになっているかも合わせて確認してみましょう。


■放電を試す

モニターになにも表示されない原因として、パソコン内部に電気が滞留しており不具合を起こしているということがあります。
パソコン内部の電気を放電する方法ですが、パソコンをシャットダウンした状態で電源ケーブル、ノートパソコンの場合はバッテリーも外し、その状態で10分程度放置します。
その後、ケーブルやバッテリーを元通りにして電源を入れることで、正常に起動することがあります。


■他のモニターで表示されるかどうか試す

モニターのケーブルが正しく接続されていてなにも表示されない場合、モニターの故障が考えられます。そこで、正しく動作する他のモニターに接続して表示されるかどうかを試してみて下さい。 とは言ってもパソコンモニターを複数持っている方は多くないと思います。そこで試していただきたいのが液晶テレビへの接続です。最近のテレビはパソコンモニターとしても使用できるものが多いので、試してみるとよいでしょう。
ノートパソコンの場合もHDMI端子やモニターの端子がついていると思いますので、それらを使って外部モニターで表示されるかを試してみて下さい。
他のモニターで正しく表示される場合はモニターの故障ですので、修理、または新しいものの購入をして下さい。


■大きな不具合が起きる前にデータのバックアップをしておく

パソコンは消耗品であると言えます。特にデータを保存しておくHDDは4年前後が寿命であり、突然壊れてデータを失うという危険性があります。
HDDにトラブルが発生した場合、デジタルデータリカバリーをはじめとしたデータ復旧業者に依頼すればデータの復旧が可能なこともありますが、費用はかかります。
パソコンの不調を感じたら大きなトラブルになる前に、大切なデータは外付けHDD等にバックアップしておくことをおすすめします。

デジタルデータリカバリーと他のデータ復旧業者との違い